ご注文ガイド
ご注文からお届けまでご注文方法納期についてお支払い方法配送・送料についてご注文の変更
ご注文のキャンセル
進行状況の段階説明会員登録についてサービスオプション各種帳票の発行データ入稿方法即日店舗引き取り
店舗情報のご案内
ポイントサービス
テクニカルガイド
入稿データチェックPDFデータの確認対応フォント
対応アプリケーション
取り扱い用紙加工オプション商品別の注意事項QRコード利用について大判ポスターパネル
各種サイズの比較
作成ガイド(Adobe)作成ガイド(Office)Adobeからの
PDFの作成方法
Officeからの
PDFの作成方法
定型テンプレート
よくあるご質問
ご注文に関してお支払いに関して納期に関してデータに関して特色印刷について抜き型の保管について配送・納品に関して会員登録変更に関してその他
|QRコード利用について|

作成したQRコードは、ご利用する際に必ずテストを行ってください。
QRコードの作成と表示が不適切な場合、読み取りができないことがありますので、下記の注意を参考にしてください。

<注意点>

  • ●コードの大きさ
    21セル×21セル〜177セル×177セル(4セル /辺毎に増加)
    印刷する際に、20mm × 20mm以上のサイズを推奨しております。
    91mm × 55mmの名刺サイズに配置すると右側の画像イメージとなります。
  • ●サイズ縮小の限度
    セルサイズを縮小して利用することができますが、小さ過ぎると読み取れない場合があります。不明確な場合は、具体的な読み取り検証によってチェックしましょう。
  • ●マージン(余白)が必要
    QRコードの周りに余白が必要です。
    4セル分の余白がないと読み込むことができない恐れがあります。
    余白をなくしてしまうようなことはないように注意しましょう。
  • ●四隅に配置されている「回」のようなコードを消さないように
    QRコードの4つの角の内、3か所に配置されています。この「回」はQRコードの向きを把握するためのものなので、欠損してしまうと読み取りが困難になります。
  • ●コードの歪みに注意
    コードが歪んでしまった場合でもスムーズに読取りができない恐れがあります。
  • ●色の選別
    QRコード本体が薄い色で印刷されていると読み取りにくくなります。コントラストが低い上に背景色が濃い場合ですと読み取りが困難になる可能性があります。できるだけ白の背景に黒で利用しましょう。不明確な場合は、具体的な読み取り検証によってチェックしましょう。